ダメだと分かっていても・・・

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


最近、甘いものを日々食しています。
あかんあかんと思いながらも、やめられず・・・

今は授乳中なのでダイエットができないのを理由に、だめな食生活を続けているダメダメな私。

運動もしていませんし。

でも、しばらく止められそうにないです(・・;)

せめて昼はと弁当は作ってるぐらいかな。

少しだけ多めに見てくださいませ!



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

気づけ10日も更新していませんでした。

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。

ハッと気づけばなんと10日もブログを更新しておりませんでした。
なんてことでしょう!

気持ちは毎日更新をと考えているのに、実際には・・・
時間のすぎるのが早すぎる~。

せめて週に2回は更新をしようと思います。
(もう欲張りはやめました。できる範囲で!)


悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

司法書士もやりやすい時代になりました。

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


最近は法務局(登記所)は非常に対応がよく、中には入っていくと、

「いらっしゃいませ」

と歓迎ムード満載の登記所もあります。



昔、私が司法書士事務所に入りたてのころは頻繁に、補正席で登記官と司法書士が大声を出し合って議論している姿が見られていました。
前は、大きく解釈の余地があるところでも持論を曲げず、簡単に取り下げろと言ったり、登記官の気持ち次第では止まってしまうようなこともありました。
その時と比べると驚くぐらい柔軟です。(まれに厳しい方もいますが、まだ納得いくレベルです)

「あ~、ええよこっちで直しとくよ」なんて、 まれに柔軟すぎて、

「本当にそれでいいの?」 
ってぐらいの時もあります。(;^_^A

あとは、決済でも直接遠方の法務局まで行かなくてよくなったところは大きいです。
オンライン申請が可能となったため、遠方の法務局でも司法書士同士の連携さえきちんと取れれば一同に会さなくても決済できるケースも増えてきました。

逆に、補助者の人は昔は申請書の持ち込みだけのために遠方に少し小旅行気分で行けていたのが、今ではその必要もなくなり、昔からの補助者の方は少し寂しい気持ちになっているかもしれませんね。

司法書士の立場から言うと、経費が削減できて非常にありがたい時代となったわけです。



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

新しいことへの挑戦

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。



最近また新しいことへの挑戦を考えています。

とは言え、まだベビーも小さく、現状のお仕事も非常に忙しいので、できるところをコツコツと準備を進めていくという段階となりますが、何年後かには形になればと思っております。

新しいことに挑戦しようと考えているときのワクワクは毎回素晴らしいと思います。

時間や状況、さまざまな制約はあっても、できないことはないと考えます。

このワクワクがなくなったら終わりやな~と、今を楽しんでおります!



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ


大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


皆様もいろいろな場面で、書類に捺印をするケースがあると思います。

窓口などで直接手続きされる場合は大丈夫として、郵送で捺印書類のやりとりをするときには注意することがあります。

特に実印を押さなければならないときは、木をつけないといけません。




書類が送られてきますと、大抵何か所かここに捺印してくださいという説明と捺印する場所が示されています。

契約書等の書面でしたらお名前の横以外にも、複数枚にわたる場合は契印(割り印)、欄外に捨て印を押すことも多いです。

その場合に、どの印影が一番重要か?というとお名前横の捺印の分です。

欄外の捨て印は、間違いがなければ使用することはありません。

契印の印鑑もきちんとでている必要がありますが、お名前横に捺印された印鑑に相違ないことが分かる程度出ていれば通常は問題になりません。

一番重要なお名前横の印影。
これこそ、一緒につける印鑑証明書と照合する印影なのです。

私も日々捺印していただくお仕事をしておりますが、捨て印ははっきり出ているのに名前の横の印鑑がきちんと押せていない場合が多いのです。

皆様もご捺印の際にはご注意くださいね。


悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ


忙しいです!

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


1月は毎年忙しいです。

不動産決済の多い事務所では、秋が忙しいとかよく聞きますが、うちは少ないのであまり季節的な影響はありません。

普通は1月2月は暇な時期と思われます。
うちは1月2月は忙しい。

理由は解明できれいませんが、非常にありがたいことであるのは間違いありませんね。

事務員さんの入れ替わり、確定申告の準備など重なり、何かとバタバタしてはいますが、忙しい時期だからこそ気持ちを引き締めて業務に打ち込みたいです。



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

マイナスをプラスの糧にするお得な性格。

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


35歳で司法書士・行政書士事務所を開業してからかなり経ちました。
(何年か書くと歳がバレるので書きませんよぉ~(;^_^A)


当然、いい日ばかりではなく、イラっとなことも起こります。

そんなとき、一瞬イラっとな気持ちを人がいなければ大きな気持ちで1回発して、あと20分経過すればイラっとは終了です。

だって、無駄ですもん。

その代わり、そのイラっとの原因の人物を見返すべく、自分をどのように向上させるか、商売をどううまくやるか、人生をどう有意義なものにするか、を色々と考える時間に突中します。

この時間は非常に素晴らしい。

逆にたまにイラっとをもらうことは非常にいい薬、刺激になるなと心から思います。
感謝してもいいぐらい。

今、そのイラっと後で、今後の夢が目の前に広がっています。
次はそれを実現すべく、努力の段階。

行動あるべきですね!!



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

昔の常識は今の非常識。ベビー編

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


昔は常識ではこうだったのにいつの間にか変わってたってことありますよね。

最近そういった場面がいくつかありました。

今日はベビー編。(笑)


末っ子の出産のとき(今で6か月です)には、三番目出産のときから(約10年)大きく変わっていたことがありました。

それは、

① おへその消毒にパウダーを使わない。ガーゼを貼らない。軽く消毒液をつけるだけ。
  →昔は、消毒液をしたあと、パウダーをふりかけ、ガーゼを貼り付けていました。消毒液、パウダー、ガーゼ、テープがおへそ手当セットとして渡されましたがそんなもの今はないようです。

② 粉ミルクを溶かす温度は70℃以上
  →昔は、確か逆に一度沸かしたお湯を60℃程度以下に冷ました上で調乳しないといけなかったと記憶していますが、今は70℃以上なら100℃を超えても問題ないそうです。

あと常識、非常識とは別にりますが、変わったところと言えば、予防接種の数。
1歳の間に受けないといけない予防接種が多すぎて、ひどいときは、一度に3.4種類の予防接種を受けます。
左右の腕に何度も・・・痛々しいです。(が、すぐにニコニコして忘れてますわ(;^_^A)かわゆす!


生きているのが長くなればなるほど常識と思っている知識がいつの間にか非常識になっていることも増えていくのですね。

なるべく新しい情報を入手しながら歳を重ねようと思います!



悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

敷地権の多いマンションを購入すると損?

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


日々忙しいママ司法書士です。

昨日で、娘もハーフバースデーを迎え、仕事も何とか成し遂げつつ、育児も両立できていることに協力をしてくれている家族やスタッフその他多くの方に感謝の毎日です。

本日は、敷地権の多いマンションについてです。

敷地権の多いマンションは損です。

先日、贈与による所有権移転(名義変更)の登記をした際に、普通のサイズのマンションにも関わらず敷地権が20個ほどある案件にあたりました。

住所変更があったので名変の登記をしないといけませんが、普通でしたら土地建物ひとつづつの2000円程度のものが、その10倍の2万円もかかってしまうということになります。

さらに、申請書も通常2.3枚程度なのに、倍以上の枚数となり、登録免許税の計算も手間がかかり司法書士の報酬も通常の物件よりは少し高くなってしまうのです。

しかし、こればかりは、敷地権多いから買わんとこう!となる性質のものではないので(というか一般の方は知らないのが普通ですので)、いろいろ議論しても無駄なのですが、ディベロッパーが合筆費用をケチったのか分かりませんが、お客様に負担を転嫁するのはいかがなものかといつも不満な気持ちになりますね。


悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

支えられてるなと感じる毎日

大阪の司法書士・行政書士のまえかわです。


私は司法書士・行政書士事務所を経営しています。
「経営者」というと、響きはいいように思いますが、
人では何もできません。

信頼いただきご相談、ご依頼いただく方々、日々の業務をサポートしてくれる事務員の方々、私の仕事を理解し、支えてくれる家族・・・。

数えきれない人のおかげで自分が今、好きな仕事をして生きていけるんだと心から感謝の日々です。

人は一人では生きていけないって本当にそうだな~と思います。

また、支えられていること自体、心が温かになって生きがいにもなっているな~と。


いつ何時でも一人だけの力で今の自分がいるのではないことを、一瞬でも忘れることのないようにしていきたいです。


悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士 まえかわいくこ

事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)
大阪府大阪市福島区海老江5丁目2-7ニュー野田阪神ビル210
TEL:06-4256-7595
大阪市営地下鉄「野田阪神」JR東西線「海老江」阪神「野田」徒歩1分
運営サイト紹介
悠里司法書士・行政書士事務所(大阪)
相続登記.net|大阪
女性司法書士の債務整理相談|大阪
帰化申請.net|大阪
韓国戸籍取得・翻訳ネット

自己紹介

30倍以上の倍率を運よく突破し就職した関西空港のサービス業を退職した後、職場で一瞬の出会いがきっかけで、遠距離恋愛・国際結婚・出産・3人の子育てと、子育てしながらの難関資格の合格と少し変わった経歴の持ち主です。

業務案内

◆司法書士業務◆
相続登記・韓国人の相続登記・帰化・会社設立・不動産取引立会・過払い・債務整理・会社登記・相続放棄等裁判所提出書類の作成

◆行政書士業務◆
許認可申請(宅建免許申請・建設業許可申請など)・遺産分割協議書作成・遺言書作成・在留資格関係業務(ビザ取得)・各種契約書作成

◆翻訳業務等◆
韓国戸籍取得代行及び韓国関係書類翻訳業務
台湾戸籍の翻訳業務

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カウンター

累計:
本日:
昨日: