会社法人等番号から法人番号を計算する方法

会社法人等番号とは、会社や法人の登記簿謄本(履歴事項証明書、現在事項証明書、代表者事項証明書等)に記載されている会社や法人に割り当てられた番号です。

この番号から、法人番号を割り出す方法は下記のとおりです。

① 会社法人等番号を書き出す。

まず、会社法人等番号を書き出してみましょう。

たとえば、

7001100052901

など。

② 会社法人番号をひとつ飛ばしで足します。

上記

7001100052901

の場合ですと、左端の7からひとつ飛ばしで、足すと、

7 + 0 + 1 + 0 + 5 + 9 + 1 = 13

③ ②で足さなかった残りの数字を足します。

次は、先ほど足さなかった数字を足します。

すなわち、

0 + 1 + 0 + 0 + 2 + 0 = 11

④ ②と③で出した数字を次の式に当てはめます。

13 x 2 + 11 = 37

13(上記②で出した数字)

11(上記③で出した数字)

⑤ ④で出た数字を「9」で割る

37 ÷ 9 = 3(この数字は無視) あまり 

⑥ ⑤で出た数字(あまり部分のみ)を「9」から引く

9 -  =  (⇐この8の数字=チェックデジット(検査洋数字)が重要)

⑦ 会社法人等番号の一番最初に⑥で出た数字をたすと、法人番号になる。

最初の会社法人等番号

7001100052901

チェックデジットである 

を加えた

7001100052901」

が、法人等番号ということになります。

通常であれば、法人番号は、

国税庁法人番号検索公表サイト

から、簡単に調べることができますが、ネット環境がないが、会社法人等番号はわかる状況であったり、

法人設立したてで、まだ国税庁法人番号検索公表サイトに載っていない新規設立の会社や法人の場合は、この方法で法人番号を知ることができます。

銀行の口座開設やその他許認可など、さまざまな申請で法人番号の記載を求められることがありますので、自分でも計算することができれば助かる場面も意外と多いようです。

参考にしたサイト

新しく法人の設立登記をされた方へ(国税庁法人番号検索公表サイト)

チェックデジット.pdf

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

会社の誕生日は、設立登記申請をした日です。

オンライン申請の場合は、オンライン申請の日。

添付書面は後で出すこともできます。

書面申請のときは、登記申請書を法務局に提出した日。

よって、法務局の開庁日以外の日を会社の設立日とすることはできません。

設立の日は、会社の誕生日ですので、こだわる方はこだわります。

代表者個人の誕生日や結婚記念日、その他何か特別な日や、好きな数字、大安の日にしたりすることが多いです。

ところが、一旦設立したのちの、変更の登記の提出の日は?

といえば、通常はそこまでこだわる方はいません。

たまに、登記の変更日と登記日とがごちゃまぜになり、変更日に必ず登記を出さないといけない。変更日=登記日になるものだと誤解され、当日に出さないといけないと勘違いされている方がいらっしゃいます。

例えば、役員変更で、取締役が辞任して、別の取締役が就任した。

株主総会で取締役を選任し、席上就任承諾をすれば、株主総会の日から就任=変更日となります。

これをもし、就任日に登記を申請しないといけないとなるとメッチャ忙しい。

株主総会議事録やその他、登記申請に必要な添付書類の作成捺印、登記申請の準備など、その日中にするなんて現実的ではありません。

会社法では、変更が生じたら2週間以内に変更の登記をしなければならないとなっており、2週間の猶予があります。

また、実務的には、この2週間も守られないケースのほうが多い。

なぜなら、2週間たったからと言ってすぐに過料(罰金のようなもの)がかかるわけではないからです。

それどころか、

逆に、変更の日までに登記を出さないといけないと思われている方も結構います。

これは、中小企業の場合は、実際には株主総会などを開催せず(というか株主一人とかですので)、書類作成次第ということになりますので、実際の株主総会などの開催をしない場合は、イメージがわきにくいからかもしれません。

もちろん、変更しようと思っている日が来ませんと、登記は申請できません。

上記のように、変更日と登記日は、一緒でないケースのほうが多いです。

そもそも、登記を出した日が登記日とならない場合もありますので。

郵送申請もできますし、変更日に出さないといけない理由もありませんし、過料がかかるかなどが関係してこない場合は、そこまで登記日は重要でない気もします。

(許認可などが関わってくる会社、法人さんの場合は、2週間以内登記が無難です。官庁などへの届け出でチェックされる可能性ありのため)

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

弥生のマイポータルログイン画面を自動で表示させない方法

パソコンを起動したら、弥生のマイポータルのログイン画面が毎回現れる。

これをその都度消すのは、非常に面倒。

自動表示させない方法を調べると、

「マイポータルを表示し、その画面右上の設定(歯車)表示から

□製品起動時に弥生 マイポータルの画面を自動的に表示する

□Windowsログオン時に弥生 マイポータルの画面を自動的に表示する

のチェックを外せばよいと書いてあるけど、これやっても相変わらず表示されました。

結論として、わたしが表示されなくなった方法は・・・・

パソコンの

コントロールパネル

   ↓↓

管理ツール

   ↓↓

サービス

   ↓↓

弥生マイポータルサービス(わたしは下のほうにありました) を選択して右クリックで「プロパティ(R)」を選ぶ

   ↓↓

「スタートアップの種類」を無効にする  ※とここまでやって解決したか?と思ったらまた起動していた。

   ↓↓

同画面の「サービスの状況」を停止に。  

ここまでやって、やっと勝手に表示されなくなりました。

参考にさせていただいたサイトは、

「備忘録:弥生マイポータルを自動起動および常駐させない」

でした。

ご参考になれば幸いです。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

こどもの懇談会が続きます。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 の代表 前川です。

本日は、二女の高校の懇談会に行ってまいりました。

来週は3番目の息子の中学の懇談があります。

こどもが多いと、色々とプライベートでも行事ごとがたくさんです。

今月は、また二女の吹奏楽のコンクールもあります。

そのあと、引退になるようで、部活一色だった高校生活もあと少しという感じでしょうか。

無事進学先が決まるまではもう少しかかりそうです。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 代表の前川です。

ほぼ、毎日ブログの記事を書いておりますが、すぐに書けるブログと、ものすごく時間と労力がかかってしまうブログ記事とがあります。

プライベートの内容で、日常を伝える、感情だけを伝える ような内容でしたら、本当に数分で負担もなくスラスラかけちゃいます。

それとは逆に、実務で使用するような有用な情報を記載するときには、非常に神経質になります。

根拠とする情報に誤りがないか、非常に神経をとがらせていくつもの書籍やネットや電話などで情報を集めたりしなければなりません。

皆さんに見ていただけているのは、おそらく労力を使ってUPした記事のほう。

分かっているけど、そんなに頻繁にはできないんですよね~

今日のブログみたいに、数分で書けるものに流れちゃうの。

たまには役に立つことも書きますので。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 代表の前川です。

ほぼ、毎日ブログの記事を書いておりますが、すぐに書けるブログと、ものすごく時間と労力がかかってしまうブログ記事とがあります。

プライベートの内容で、日常を伝える、感情だけを伝える ような内容でしたら、本当に数分で負担もなくスラスラかけちゃいます。

それとは逆に、実務で使用するような有用な情報を記載するときには、非常に神経質になります。

根拠とする情報に誤りがないか、非常に神経をとがらせていくつもの書籍やネットや電話などで情報を集めたりしなければなりません。

皆さんに見ていただけているのは、おそらく労力を使ってUPした記事のほう。

分かっているけど、そんなに頻繁にはできないんですよね~

今日のブログみたいに、数分で書けるものに流れちゃうの。

たまには役に立つことも書きますので。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

司法書士ソフトの比較

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 代表の前川です。

司法書士ソフトを事務所のパソコンにいれています。

かれこれ3つめの司法書士ソフトとなります。

最初は、司Plazonというソフト。

当時は勤務司法書士でしたし、その事務所は大きな声では言えませんが、暇だったので、ほとんど使用する機会がありませんでした。

たまに使用しようとしても、使い方がよく分からず、結局ワードで作ってたりしていました。

わたしがその司法書士事務所に入る前からその司法書士ソフトを導入していた関係で、詳しく使用方法を聞く機会がなかったのもその要因ですが、本当に全く使い方が分からなかったというのが感想です。

使おうとしても、作成される申請書がとてもじゃないけどそのまま使える内容ではない。

当時の本職の司法書士の先生も結構ご年配だったので、使いこなせていなかったし、もう一人の補助者も使用方法をしらず、一体何のために司法書士ソフトをいれているのか、不思議でたまりませんでした。

2つ目のソフトは司法書士事務所を開業してから導入した「サムポローニア」

あくまでもわたしの個人的意見ですが、これも同様、そのまま必要事項を入力して使える書類ができることはほぼありません。

自分で毎回修正して作成していました。

最初に説明してくれる人も、詳しく教えてくれません。

司法書士は概して、パソコンが得意な人が少ないせいか、詳しい使い方まではこちらから求めないと教えてくれないようです。

ですが、初めての司法書士ソフトなので、どんな使い方ができるか最初に詳しく説明もらわなければ使い方は限られてきます。

機能のうち、半分ぐらいも使えてなかったと思います。

最初のソフトも二つ目のソフトも商業登記は全く使えないというのが正直なところ。

不動産に関しても自分でアドインなど設定して自分の様式に当てはめるという使い方をしなければそのまま使えない書式が大半。

だが、アドインなどの方法まで設定しほうとする司法書士は半分もいないだろうと思います。

3つ目の司法書士ソフトが今のソフトです。

これは一番使えます。

何が使えるかというと、申請書や書式が実務に即していて、そのままで使用することが可能。

どうも、実際に司法書士が使っている書式を色々と改善のために、材料を集めて使えるものしている模様。

実務で使っている書類がそのまま入っているとは、どうりでこれは使えると思ったわけです。

また、商業登記も他のソフトに比べると断然使えます。

まあ、他のソフトに比べて・・・なので、できないことも多いですがね。

担当者の方も感じよいです。

が、基本一人で対応されているので、すぐにつながらないこともあります。

この点は特に不便を感じたことはありません。

といいますのは、サムポローニアを使っていた時もサービスセンターにつながっても、分かる人がおらずかけなおしになることや、そもそも電話自体がつながらない(混雑で)ということも少なくなかったので、すぐに折り返し電話がくる今のほうが便利です。

そして、今使用している司法書士ソフトは、上記で少し説明したワードのアドインの設定なども詳しく説明してもらい、自分の書式をバンバン利用していますので、本当に使えるソフトになりつつあります。

シンプルだけども、よくできたソフトです。

ただし、会社が個人の延長程度の規模(違ってたらすみませんm(__)m)のためか、管理に少し疑問を感じる部分もあります。

たとえば、上記のよくできた司法書士が実際に使っている書類の作成者に司法書士自身の個人名がそのまま残っていたりします。

これは、個人情報的にどうかと思います。もちろん書式を使っていいよとは言っても、自分が作成した書類が自分の名前が付いたまま、他の司法書士に使われているって感じよくないですし、きちんと司法書士ソフトのリース料などを支払っている使用している司法書士としても、電子データなどでご依頼者にそのまま送っていしまうと、別の司法書士作成の書類を無断で流用したような形に思われてしまう恐れもあります。

自身をもって進めたかったのですが、上記のようなことがあり、ご紹介は避けようかと思いました。

いいところも、悪いところもどのソフトにもあるという結論です。

あくまでもわたし個人的な意見ですので。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区)代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 代表の前川です。

クレジットカード。

誰でも一枚は持っていますよね。

オンラインショッピングをするにしても、スマホのアプリを購入するにしても、クレジットカードがないと困ってしまう世の中になっています。

わたしも、クレジットカードは何枚か所有しております。

若いときは、金色のカードが持ちたくてわざわざ年会費を余分に支払っても色付きのカードを持ったりとか粋がっていた時期もありました。

が、今は、ぜ~~んぜん気にしません。色は何でもいいです。

できれば年会費無料で、ポイント還元率が高いカード。

それが一番。

海外旅行保険などが附帯していたりする関係でいくつかは有料カードは持っているものの、ヘビー使用は、年会費がほぼかからないポイント率の高いカード。

なんでも、お得が一番ですよね~。

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 代表のまえかわです。

わたしも含め、先日、ことごとくオリンピックの抽選に外れた方に朗報です!

前回の抽選で漏れた人を対象に再抽選の募集が行われるようです。

申し込める数は限定される可能性が高そうですが、もう一度チャンスがもらえるというのはありがたいことです。

また、先着順とか聞いて、もう絶対無理やな~とあきらめていたところ、今後も抽選になるとのこと。

運しだいでは可能性あり?

希望が湧いてきました!!

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ

早いもので、司法書士・行政書士として独立してからこの7月で丸10年となりました。

このブログもかなり長く続けていることになります。

正社員として、アルバイトとして、他の仕事も色々と経験してまいりました。

一番長かった職場で3年しか続かなかったのが、独立してもう10年となり、その3倍以上が既に経過したということになります。

実感が湧かないぐらいあっという間の10年間。

一瞬で過ぎたかに思えるこの時間とはいえ、10年もやっていますと、最初のころ抱いていた様々な不安な気持ちはほぼ無くなり、経験で大概のことは乗り越えられるという自信はがっつりつきました。

考えてみれば10年と言えばかなりの時間です。

今年成人する娘がまだ10歳のかわいい少女だった。(今は大人や)

ひげも生えてわたしより背が高くなった中学生の息子がまだ2歳児だった。

今、2歳児の末っ子むすめ天使が、まだ全然存在しなかった。

韓国のおじいちゃん、おばあちゃんがまだご健在だった。

そして、おそらくこれからは、この10年よりさらにずっと長くこの仕事を続けていくことになる。

経営の仕方はさまざまな形に変わっていくかもしれないけど、司法書士・行政書士としてずっとやっていくことは間違いないと思います。

10年間で経験したことを、これから次の10年に生かしたい。

同じ場所にずっといるなんて面白くないことは絶対にしないこと。

ここに、自分自身で決めたいと思います。

10年後。想像もつきませんが、自分自身で全力でやってきた!と思える10年にします!!!

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) 代表 司法書士・行政書士まえかわいくこ