司法書士と行政書士兼業の場合の業務の割合

士業を経営されている事務所でも、複数の士業を兼業されているところは多いです。

 

例えば、司法書士と土地家屋調査士、 税理士と行政書士(税理士は登録すれば行政書士になれます)、税理士と社会保険労務士、当事務所のように司法書士と行政書士など・・・様々な組み合わせがあります。

兼業でやっていても、大体の事務所では、どちらかの仕事の比重が高い傾向にあると思います。

 

例えば、当事務所では、割合的には現在のところは、

司法書士 : 行政書士 = 8 : 2

ぐらいでしょうか・・・

 

できれば、行政書士の業務と司法書士の業務を繋げた形で、行政書士の業務の割合を広げていきたいと思っています。

まあ、上記は司法書士と行政書士どちらでもできる業務(多くないですが、例えば帰化)を司法書士業務と考えた場合ですので、若干正確性にかけるかもしれませんが、私の感覚的にはこれぐらいです。

他の兼業の士業のみなさんはどのような比率でしょうか?

税理士さんに関しては、顧問契約がメインになるかと思うので、税理士業務メインで、他に許認可や労働関係がかかわればその手続きを他資格でするような形になるのではないでしょうか?

その他兼業の士業のみなさんについても興味あります。よかったらまた教えてください♪

 

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪)  所長 司法書士・行政書士 前川

事務所案内

悠里司法書士・行政書士事務所(ゆうりしほうしょし・ぎょうせいしょしじむしょ)
大阪府大阪市福島区海老江5丁目2-7ニュー野田阪神ビル210
TEL:06-4256-7595
大阪市営地下鉄「野田阪神」JR東西線「海老江」阪神「野田」徒歩1分
運営サイト紹介
悠里司法書士・行政書士事務所(大阪)
相続登記.net|大阪
女性司法書士の債務整理相談|大阪
帰化申請.net|大阪
韓国戸籍取得・翻訳ネット ゆうり不動産パートナーズ

自己紹介

30倍以上の倍率を運よく突破し就職した関西空港のサービス業を退職した後、職場で一瞬の出会いがきっかけで、遠距離恋愛・国際結婚・出産・3人の子育てと、子育てしながらの難関資格の合格と少し変わった経歴の持ち主です。

業務案内

◆司法書士業務◆
相続登記・韓国人の相続登記・帰化・会社設立・不動産取引立会・過払い・債務整理・会社登記・相続放棄等裁判所提出書類の作成

◆行政書士業務◆
許認可申請(宅建免許申請・建設業許可申請など)・遺産分割協議書作成・遺言書作成・在留資格関係業務(ビザ取得)・各種契約書作成

◆翻訳業務等◆
韓国戸籍取得代行及び韓国関係書類翻訳業務
台湾戸籍の翻訳業務

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

累計:
本日:
昨日:

このブログ記事について

このページは、yuriofficeが2012年1月19日 17:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今年のおみくじ凶だったけど?」です。

次のブログ記事は「ある司法書士の先生との出会い」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 5.02