韓国戸籍の取得と翻訳

韓国戸籍の収集(取り寄せ)

相続や帰化やその他手続きに必要な韓国戸籍(韓国家族関係登録簿証明書)の収集をしております。一般の代行業者との違い。それは法律の専門家である司法書士であるからこそできる高いサービスです。

こんな経験はありませんか?

① 民団や法律専門家以外の一般の戸籍取得業者に依頼して、相続手続きをしようとしたら足りていると思っていたのに、実際には揃っておらず、手間と労力費用がかさんだ。
② 相続手続きについて司法書士に依頼したが、戸籍の取り寄せはご自身でお願いしますと言われた。(領事館に自分で行きたくない方が実際には多いようです)
③ 帰化の手続きを行政書士に依頼したら、自分でこの書類を取ってくださいと言われた。
④ 専門家に指示された韓国戸籍を取って翻訳までして出したのに、まだ足りないものがあると領事館、翻訳業者をぐるぐる回る結果になった。
⑤ 途中まで自分でできるかと試みたが、結局それで合っているかどうかの判断ができずに手続きが中断してしまった。

法律知識と語学力を兼ね備えているからこそできるワンストップサービス。お時間、労力、費用すべてにおいてワンストップでできるメリットは大きいのです。
当司法書士事務所ではひとりでも多くの方にできるだけ負担が少なく、楽な方法で、さらに満足して頂けるよう持てる知識をフルに活用し皆様のお役に立ちたいと考えております。

韓国戸籍の翻訳

当事務所では韓国戸籍・韓国家族関係証明書その他書類の翻訳を行っております。
また、韓国語⇒日本語のみではなく、韓国の戸籍整理に必要な日本の戸籍や住民票、婚姻届や死亡届などの
日本語⇒韓国語
の翻訳も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

韓国戸籍の取得と翻訳をワンストップでするメリット

韓国戸籍の収集と翻訳を別々にすると、足らない韓国戸籍(家族関係登録簿証明書)が判明した場合、さらに翻訳をしてやっとそろったか、またはさらに足らないかが判明するというとても煩雑な形になってしまうことが考えられます。
当事務所では、相続や帰化に関する手続きに必要な書類をこちらで判断しまして収集し、翻訳までいたしますのでご依頼者さまはそろった書類を手続きに使用していただくのみとなり、負担を減らすことができます。